岐阜県消防協会|地域の安全のため、岐阜県内の消防団員・消防職員を応援します。

お知らせ

揖斐川町消防団が日本消防協会特別表彰「まとい」を受章しました

揖斐川町消防団が日本消防協会特別表彰「まとい」を受章しました。
特別表彰「まとい」は、日本消防協会が行う機関表彰の中で最高位に位置付けられるもので、国内消防団最高栄誉の表彰です。

揖斐川町消防団は、これまでにも規律厳正・技能熟達・成績優秀により、昭和39年に日本消防協会表彰旗、さらに技能の練磨と消防施設の充実などにより、昭和52年に消防庁長官表彰旗を受章しています。
また、岐阜県消防操法大会では、入賞27回、優勝2回と輝かしい成果を収め、岐阜県代表として出場した平成20年度全国消防操法大会では準優勝を果たすなど、長年にわたり優秀な成績を堅持していることが高く評価されました。

平成24年3月4日、揖斐川町健康広場アリーナで受章披露式が開催され、日本消防協会秋本理事長から「まとい」が授与されました。
また、当日は、受章披露式に先立ち、揖斐川町本町通りでパレードが行われ、多くの町民のみなさんが受章をお祝いしました。

なお、県内の消防団では、加子母村(昭和54年)、東白川村(昭和60年)、宮川村(昭和62年)、国府町(平成2年)、墨俣町(平成4年)、古川町(平成7年)、神戸町(平成9年)、大垣市(平成12年)、中津川市(平成16年)、美濃加茂市(平成20年)が特別表彰を受章しています。

受章披露式
受章披露式
秋本理事長から「まとい」が授与されました
秋本理事長から「まとい」が授与されました
「まとい」披露
「まとい」披露
秋本理事長からご祝辞をいただきました
秋本理事長からご祝辞をいただきました
「まとい」は身の丈2.1mで純金箔がほどこされた蛇志(上部)と馬簾(中心部)を心棒が支えています
「まとい」は身の丈2.1mで純金箔がほどこされた蛇志(上部)と馬簾(中心部)を心棒が支えています
パレード
パレード