岐阜県消防協会|地域の安全のため、岐阜県内の消防団員・消防職員を応援します。

お知らせ

岐阜県消防殉職者慰霊祭を開催しました。

5月15日(水)に財団法人岐阜県警察職員互助会と一般財団法人岐阜県消防協会の主催により、第86回殉職警察職員並びに殉職消防職団員慰霊祭が岐阜公園(岐阜市大宮町)内の「殉職警察官・消防員忠魂碑」前において、厳粛かつしめやかな中に、挙行されました。

明治時代から今日までに合祀された御霊は、警察職員52柱、消防職団員77柱の合わせて129柱になります。

慰霊祭には、ご遺族のほか、来賓として古田肇岐阜県知事、駒田誠県議会議長、岐阜県公安委員会委員長らが出席されたほか、県内の消防団長、消防長、警察署長など多数の方々に参列いただきました。

慰霊祭では、始めに参列者一同、殉職者の御霊に対しての黙とうを捧げ、各来賓の方々からの追悼の辞に続き、祭電披露、献花が行われました。

最後に遺族代表から謝辞が述べられ、第86回殉職警察職員並びに殉職消防職団員慰霊祭は閉会しました。

殉職者の方々の、その功績を称え、深甚なる敬意と感謝の誠を捧げ、御霊の安らかなるご冥福をお祈りいたします。

受章披露式
知事 追悼の辞
秋本理事長から「まとい」が授与されました
尾石会長 献花